ウーマン

ベトナムでコンサルティングのサポートを受ける|テキパキ商売術

化粧品の低価格化

ミーティング

製造、販売の専業制による好循環システム

近年のドラッグストア等に行くと、売れ筋有名化粧品の横に、少し見慣れぬけど、似た様な価格の安い商品を見かける様になりました。これはドラッグストアのOEMであります。人気商品に準じる商品を開発コストをかけずに製造して、販売システムを持つ小売店が利益率の高いOEMとして販売します。今までの概念と違い、より身近な販売店でより良い物を消費者に届けるという視点で、このシステムはとても優れていると言えます。そしてこのシステム最大の利点はメーカーが化粧品開発にかける莫大なコストをOEMによって、より早く回収出来る為、またより良い物の開発へと投資出来るのです。消費者を含めて、お互いがより良い好循環サイクルを続ける為に最も効率的なのです。

化粧品のOEM、その仕組みとは

まずOEMとは他社ブランドを製造する事を言います。その利点としては,他社の成功事例に準じた製造を行なう事で、全くの0からの物を生み出す事にかかる莫大な開発コストを最低限に抑える事が出来るという事です。これにより、オリジナルブランドに準じる品質でありながら遥かに低価格を実現することが可能になるのです。イメージとしてはジェネリック薬品のようなイメージです。化粧品を日常的に愛用する主に女性にとって、日用品である化粧品の低価格化を実現してくれるOEMは大変魅力あるシステムに他なりません。この化粧品OEMの実現は低価格実現のみならず。企業にとってもオリジナルブランドのような中間マージンの発生が無い分の利益率が高く、企業、消費者共に利点があると言えます。